11月20日放送のテレビ番組「ボクらの時代」で、トレンディエンジェルの斎藤司が一大転機を振り返っていたことをご紹介しましたが、実はこの日の放送が薄毛界で「髪回!」と話題に。レジェンド・モト冬樹が登場したことにも注目が集まりました。

薄毛芸人・斎藤司が振り返る一大転機、ビートたけしから告げられた一言「俺は薄毛を隠してる方が好き」に迷いも


この日は、斎藤、モト冬樹、ブラックマヨネーズの小杉竜一、フットボールアワーの岩尾望の4人が自らの薄毛についてトークを繰り広げるという内容。なんでも、小杉が尊敬する薄毛四天王は、

ブルース・ウィリス

ジダン

ショーン・コネリー

モト冬樹



の4人なんだとか。

モト冬樹は小杉のたっての希望で出演したとのこと。

番組中、カツラや”粉”などの話題に及ぶと、モト冬樹は

「5魅力あったら3ぐらい見せているのが好きなのよ。けど、(頭に)塗った瞬間に5あるやつが7に見せていることになるじゃない。自分なにか以上に見せようとしている」

と自分の美学を力説。さらには番組の後半で、”薄毛”のコンプレックスについて名言が飛び出しました。

ハゲのせいにしちゃいけない

モト冬樹はコンプレックスについて

「かわいそうと思うのは、その本人が『かわいそう』という雰囲気を出しているからだ」

と持論を展開。モト冬樹いわく、乙武洋匡氏は自身の体についてまったくコンプレックスを抱いていないそうで、モト冬樹が乙武氏と飲みに行った時には、乙武氏の体について少しも気にとめることがなかったそう。モト冬樹はその時の経験から、

「コンプレックスがなければまわりは何も思わない」

「ハゲのせいにしちゃいけない」と力強く語りました。

この発言はネットでも話題となり、 「なるほどな!これは名言だわ」「モト冬樹超カッコイイ!」「『本人から周りに気を使わせる空気を出してる』ってコメントは感心した」「モト冬樹が、効いてたなぁ」「めっちゃ納得!!」などのコメントが続々と寄せられる事態に。

さすがレジェンド!!!ハゲ歴20年は伊達じゃありません。これからも、我々悩める”薄毛”たちを導いてください!

ハゲの大先輩、モト冬樹さんが「ハゲ最強決定戦」で準優勝を果たす : ハゲルヤ - ハゲと向き合うウェブマガジン

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします