「若い頃に金髪にすると将来ハゲる」よく言われますね。ヤンチャの代償は大きいものです。

今回はヘアカラーやブリーチの仕組み、毛髪や頭皮に与える影響について考えていきましょう。
com-shared-img-thumb-N853_kingyonosensu

ブリーチはハゲるって本当?

最近は昔と比べファッションもより自由になり、個性豊かなスタイルが人気です。

社会人になると仕事上の都合もあり、髪の色に制限が出てきますし、若いうちに金髪など思い切ったヘアースタイルを楽しみたい、とうひとも多いのではないでしょうか。

ただ、問題なのはヘアカラーやブリーチによってハゲになりやすいという噂があること。将来の薄毛が気になっておしゃれを楽しめないなんて寂しいですよね。

はたして“金髪は将来ハゲる”という話には根拠があるのでしょうか?

ブリーチとヘアカラーの違い

43

金髪とのハゲの関連性を探るため、まずはヘアカラーとブリーチの仕組み・その違いについてみていきましょう。

ヘアカラー

ヘアカラーは「脱色」+「色素を加える」というものです。

アルカリ剤が毛髪を覆うキューティクルを開き、黒いメラニン色素を分解すると同時に染料で着色していきます。

薬剤はシャンプーで洗い流すので直接、毛根にダメージを与えることはありませんが、染める前のトリートメントを怠るとキューティクルが開いたままになってしまいます。

そのまま放置すると、髪の毛内部のタンパク質がどんどん抜けてしまうので毛髪や頭皮へダメージを与える可能性があります。

ブリーチ

beece5017e42fbc29ea2ee7462f9fe94_s

ブリーチの効能はメラニン色素を分解した「脱色」のみ。染料が入っていないので明るくするだけで色はつきません。

仕上がりは髪質によっても異なるため、太く硬い髪の毛は一回では明るくなりにくく、金髪にするためには2回~3回に渡って色素を抜く必要があります。

繰り返しブリーチを行うことで髪の栄養素が流出するので、毛髪や頭皮へダメージを与える可能性が出てきます。

脱色だけでも明るい髪色にすることは可能ですが、より鮮やかな色にするためにはブリーチのあとにヘアカラーをするのがポイント。

俳優やモデルのようなきれいな金髪にするためにはブリーチ+ヘアカラーの合わせワザが必要になるため、さらに髪が傷みやすく頭皮へ与える影響も大きくなります。

ヘアカラー・ブリーチが頭皮に与える影響

ヘアカラーやブリーチは毛髪に作用して脱色、染色するものなので頭皮とは関係ないという考えもあります。

確かに、カラーやパーマ液が男性ホルモンのように直接、毛根を攻撃するわけではありませんが、頭皮に薬剤が付着するため、すぐに流したとしても多少のダメージは避けられません。

カラーやブリーチをかけた後は髪の毛の状態も良くないですし、頭皮も弱っている状態。毛髪はキューティクルがはがれやすくなり保水力が落ちてしまいます。

水分が蒸発し髪がパサつくので枝毛た切れ毛が発生しやすくなり、タンパク質が抜けていくので毛髪のハリも失われます。

毛髪は一定のサイクルで生え変わるので問題はありませんが、ケアを怠るとそれだけ髪は傷みますので頭皮への悪影響は避けられないでしょう。

ヘアカラーにはアルカリ剤が含まれているので頭皮の皮脂を取り去ってしまい、頭皮が乾燥しやすくなります。放っておくとかゆみやフケの原因になりますし、頭皮が硬くなるため毛髪が生えづらい状態に。

髪の毛は毛根に存在する毛母が細胞分裂が行うことで形成されますが、頭皮の荒れはその細胞分裂を妨げることにもつながります。

こうした頭皮環境の悪化はそのまま放置しているとどんどん進行していきます。その状態を繰り返していれば、ヘアカラーやブリーチが原因となってハゲになる可能性もあるでしょう。

抜け毛を防ぐ3つの対策

9a296ad0eca5d5433d5ede521d92db29_s

ヘアカラーやブリーチによるハゲを防ぐ対策として挙げられるのが、
  • 「美容室でしっかりとしたアフターケア」
  • 「自分でも育毛剤で頭皮ケア」
  • 「毛染めは間隔をあける」
この3つです。 

脱色・染色する際は、頭皮に薬が浸透しないように髪の生え際1cm を染めないようにするという方法もありますが、これを自宅でやるのは難しく、プロの美容師にお願いする必要があります。

さらに、市販品のカラーリング剤は薬剤の強さが一定になっており、人によっては頭皮への刺激が強すぎる場合も。

美容室であれば薬剤が弱いものから強いものまで揃っています。頭皮の状態や髪質に合わせて施術してもらうことができるので、金髪にする際はプロにおまかせしてください。

そして、最も大事なのは「自分でできるケアを頑張る」ことです。

頭皮ケアと育毛、両方を望むのなら、毛髪成分の配合された育毛剤を使用するのがよいでしょう。

ヘッドスパなどに通わなくても自分で頭皮ケアをすることはできますし、健やかな頭皮環境を保ちつつ、毛髪が育ちやすい状態へと近づけることができますよ!

頭皮ケアを忘れずにおしゃれを楽しもう!

ブリーチやヘアカラーはアフターケアを怠った場合、頭皮へのダメージへとつながることがあり、抜け毛やハゲにつながる可能性があります。

大切なのはヘアカラーやブリーチを行った際に、しっかりと頭皮ケアを行うこと。将来のハゲを防ぐためにも自宅でのケアをとりいれ、頭皮や毛髪をいたわりながらおしゃれを楽しみましょう!

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします