ここのところ、何かとお騒がせなYouTuberたち。
hikaru
人気YouTuberのヒカルが、個人の価値を仮想株式にして売買できるプラットフォーム「VALU」上で行った行動が、インサイダー取引ないし、詐欺に当たるとして騒動になり、無期限活動休止を発表したのは記憶に新しいところ。

また、あるYouTuberが、“覚醒剤に見せかけ、警察官の前で白い粉が入った袋を落としたらどうなるか”という内容の検証動画を投稿。
この動画は100万回以上再生されるなど注目を集めた一方、「やりすぎ」「何がおもしろいのか」「バカのやることはわからない」、悪質だとしてネット上では批判も寄せられ、9月8日には偽計業務妨害の疑いで逮捕されました。



このように、世間を騒がす事態を起こしているYouTuberたちですが、遂には我々“ハゲ男子”の逆鱗に触れるような動画が投稿されました。断固として容認するわけにはまいりません。

ブリーチの中身を除毛剤と入れ替え…

YouTuber1
その動画は髪を金髪にするブリーチの中身を“除毛クリーム”と入れ替えるというドッキリ企画。

ドッキリの対象である男性YouTuberには「ブリーチしてあげます」と嘘をつき、実際に頭に除毛クリームを塗り「髪の毛をゴッソリ奪いとってやろう」というお笑いウルトラクイズもびっくりの鬼畜ぶり。

ちなみにこの除毛クリームとは、毛を溶かして体毛を取り除くもので、主にムダ毛の処理に使用するもの。動画では、バレないように市販のブリーチ剤の容器にこの除毛クリームを詰め替えて企画を進行。

男性は「どっちみちあと10年ぐらいで、ハゲると思うんすよ」「今、モテたいんすよ」とブリーチをして髪色を変えることに胸を踊らせていましたが、薬剤を洗い流すと、髪の毛も一緒に抜け落ち、遂には、もみあげが消失、10円ハゲもできてしまう事態に…。
YouTuber2
男性は薬剤を洗い流し、タオルで髪の毛を乾かしている時に髪が抜け落ちる異変に気付き、慌てて洗面所に。そこで初めてドッキリ企画で薬剤が“除毛クリーム”であったことが告げられると、男性は「ああ、よかったなとかじゃないだろ」「バカか」と怒り心頭。まあ、当然の反応ですよね…。
YouTuber3
しまいには襟足の毛を軽く引っ張るとゴッソリ毛が取れてしまい、「カミノケトレテルヨ!!」と動揺。
YouTuber5



そんな男性とは裏腹に仕掛け人たちは、男性の無残な姿と動揺を見て大笑い…。
YouTuber6

髪への冒涜もたいがいにせいよ!

神よりも「髪」を崇め奉る我々にとって、髪を粗末に扱うこのような企画は断じて許せるものではありません。

ネットではこの動画に「めちゃくちゃわらったwww」などとする声が寄せられている一方、
「イジメだろこれ…」
「かなり不快な動画だわ」
「ドッキリで済むんですかね…」
「いやーこれはないわ」

などの“やり過ぎ”だとする声も多数。

また髪の毛をネタにした企画にも、
「禿げてまで金稼ごうと思わんわ」
「ハゲいじりやめよう」
「髪の毛を粗末にすんな」

と、抗議の声が上がっています。

「一銭を笑う者は一銭に泣く」ということわざがありますが、この仕掛け人たちも「髪を笑うものは髪に泣く」ということを思い知る日が来ることでしょう。

というか、さっさとハゲてしまえ!

髪よ!どうかこの不届きな冒涜者たちに報いを!ハゲルヤ!

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします