『はげや』逮捕。
一瞬ドキッとするニュースが日本全国を駆け巡りました。

国内未承認の発毛薬を無許可で販売

05e709ebedaebdbc814aa2de5c348b95_m
国内で承認されていない外国製の発毛薬を広告、許可を受けずに販売したとして、埼玉県警は草加市の輸入代行業、江口泰司容疑者を医薬品医療機器法違反の疑いで逮捕しました。

江口容疑者は「はげや」の名称でホームページを開設し、インドやタイ製で国内未承認の発毛薬を広告。医薬品の販売業許可を受けないまま、2019年8~9月、男性客3人に計1000錠を販売した疑いがもたれています。

逮捕は「はげや」。ハゲルヤは逮捕されてませんからね!

江口容疑者が医薬品販売の許可を受けずに「フィンペシア」と「ミノキシジル」の錠剤のセットを“世界最強”などと謳ってネット販売していました。

いや、世界最強も何も、我々薄毛族にとって、その組み合わせは定番中の定番なんですけれども…。

医薬品の個人輸入でこのセットを手に入れることは合法ですが、販売するためには許認可が必要です。なので、オオサカ堂や薬の健康オンラインなどの悪質業者は、海外に法人を置いて摘発を逃れているわけです。
スクリーンショット 2020-02-02 12.54.52
日本の法律なんて知るかヴォケ!と宣言する業者もいます。ここまで堂々としているとむしろ清々しい。「はげや」は埼玉県草加市でやってたんですね。そりゃ捕まりますよ。

江口容疑者は「自分で試して効果があり、売れると思った。違法とは思わなかった」と供述、容疑を一部否認しているとのことですが、どう考えても違法ですからね。みなさんも無免許のところから買わないように気をつけてください。

他人に譲渡してもダメ

cf6b78e8a9be8eec138540976274dc0d_m
そしてもう一つ、海外から個人輸入した薬を他人に譲渡することも禁じられています。

「プロペシアのジェネリック、安く買えるから一箱あげるよ!」と頭皮の薄い友達についプレゼントしてあげたくなる気持ちはわかりますが、医薬品の個人輸入はあくまで自己責任。買い方を教えてあげるにとどめましょう。
個人輸入した医薬品等を、他者に販売、授与等した場合、医薬品医療機器等法の規定に違反するおそれがあります。医薬品等を営業のために輸入する場合には、医薬品医療機器等法に基づく承認・許可等が必要となります。- 厚生労働省
なお、ハゲルヤで育毛剤やリアップジェネリックなどを紹介するときには、医薬品店舗販売許可証を持った国内業者のリンクをご紹介しています。一般用医薬品のネット販売が許可されているのは、薬局または店舗販売業の許可を受けている実店舗を構えている業者に限られるためです。

ほんの少しだけ安い違法業者から買っても、リスクと見合いませんからね。

正しい知識を持って、賢く育毛していきましょう!

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします