新型コロナウィルスが猛威を振るう中、中国・武漢のかっこよすぎる看護士が話題になっています。

武漢大学人民医院・神経内科の單霞(Shan Xia)さんは、自身のSNSに丸刈り姿をUP。丸刈りにした理由を「帽子をかぶる時や防護服を着る時に不便。髪の毛がないほうがいい」と語りました。


さらに、同じく武漢の医療チームでは、髪が長いと病原体が髪につく恐れがあることから、なんと30人以上もの女性が頭を剃ったとも報じられました。

女性にとって髪は命ともいいますが、その髪を捨ててでも多くの人の命を守る決意をしたその行為に多くの賞賛の声が集まっています。

髪の毛にウィルスが付着し感染する可能性

861288a71ee06e50de4e4adff23034e1_m
我々にとっても、髪は命です。しかし、よく考えてみてください。我々にウィルスが付着するような髪があったでしょうか。否、ウイルスどころかぺんぺん草も生えないような状態です。

しかしこれは、考えようによってはウイルスが髪につく危険が少ないのではないしょうか。

かつてSARS(重症急性呼吸器症候群)が流行した際には、飛沫が髪の毛から手に付くことで感染したであろうという事例も報告されています。

髪の毛があれば、髪の毛から感染する可能性がありますが、髪の毛がなければ、髪の毛から感染する可能性はゼロ。

もしかしたら、我々は勝ち組なのかも知れません!

花粉症対策!花粉も髪の毛に付着

髪の毛に付着するのは、ウィルスだけではありません。これからピークを迎える花粉症、スギやヒノキの花粉も髪の毛に付着すると言われています。
e4947e551c2e93b2c267eaae4de4a263_s
花粉症の方は、家に入る時に衣類に付着した花粉を払うという方も多いでしょう。ですが、空気中に飛散している花粉は、衣類だけでなく髪の毛にも付着しているのです。

当然のことながら、ロングヘアのほうが付着する花粉は多いと言えます。花粉対策として、ロングヘアの人は髪をまとめる、帽子やスカーフでカバーするのも1つの手だとのこと。

そうです。髪の毛があれば、髪の毛に花粉が付着する可能性があるけれど、花粉が付着する髪の毛がない我々は、ナチュラルに花粉症対策しているとも言えるのではないでしょうか。

心の底から、ハゲていてよかった!とは思えませんが、フサフサの人を見るたびに「お気の毒に…」と心の中でガッツポーズを取ることも可能なのです。

花粉の付着は「皮脂」にも関係

しかしながら、有識者によると花粉の付着のしやすさは、頭皮から分泌された「皮脂」にも関係しているとのこと。

ワックスやムースは花粉が付きやすいため、クリームやオイルなどつるつるしたものを選ぶといいんだそうです。

我々天然のツルツルが羨ましがられる唯一の季節になりそうですね。

ちなみに、先にご紹介した丸刈り看護師、單霞(Shan Xia)さん。丸刈りにした頭を見た家族は、暗い表情を浮かべたそうですが、SNSには「大丈夫です。髪はまた生えてくるから」とつづりました。

…また生えてくる…から…。

我々の頭にも、髪の毛がまた生えてくる日はくるのでしょうか。新型コロナウィルスに負けじと、強く生きていきたいですね。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします