ある日Twitterを眺めていたら、流れてきた動画に思わず目を奪われました。

パッと見おしゃれな丸い水槽の下から、髪の毛を振り乱して出てきた謎の生物。手には「ようこそ ふくさき江」と書かれたプラカード。
スクリーンショット 2020-06-17 20.51.57
調べてみたところ、こちらは兵庫県の福崎町が町おこしのために駅前に設置したというオブジェで、謎の生物の正体はカッパだそうです。

福崎町には、他にも町のあちこちに、カッパがいるそうで、こちらは駅前のベンチ。カッパと将棋を指すことができます。


髪の毛はブワーッ!ですが、てっぺんは完全にピカーッ!カッパは我々薄毛族の仲間だったんですね。

ロン毛のカッパで町おこし

スクリーンショット 2020-06-17 20.55.03
そもそも、なぜカッパで町おこしをしようと思ったのか。いろいろ乗っかり過ぎのカッパと、破天荒すぎる福崎町の町おこしについて、まとめてみました。

  • 福崎町は、日本全国の妖怪を研究した民俗学者・柳田國男氏の出身地
  • 髪がブワーッ!てっぺんピカーッ!のカッパの名前は「ガジロウ」
  • 駅前のガジロウは、7時07分~20時07分の間の、毎時7分・22分・37分・52分に飛び出てくる
  • 町おこしを手掛けたのは、地域振興課課長補佐の小川知男さん
  • 「京都水族館」でアクリルチューブを泳ぐアザラシを1時間眺めてひらめいたらしい
  • ガジロウは福崎町内の、辻川山公園の池からも出てくる

  • 池の中から出てくるのは、9時~17時の毎時0分・15分・30分・45分
  • つまり駅前の水槽に出てくる時間とはかぶらない
  • ガジロウは駅と公園をつなぐ地下トンネルを行き来しているという設定
  • その細かい設定、必要だろうか?
  • ガジロウには、お皿が乾き動けなくなり池のほとりで動けなくなった、兄の河太郎(ガタロウ)がいる

そうでした。カッパは頭にお皿をのせているんでした。つまりハゲとは似て非なるもの?

フットボールアワー岩尾さんのように、てっぺんからハゲてきたら、こう言いましょう。「今、オレはカッパに進化している途中なんだ!」と。

ガジロウはくまモンになれるのか?

町おこしのキャラクターといえば、思い浮かぶのはくまモンでしょうか。手広くビジネスを展開しているくまモンですが、ガジロウも負けていません。

公式Twitterアカウントも持っていますし、


福崎町の観光協会のホームページにはガジロウの4コママンガもありました。
ガジロウさん物語

YouTuberもやっています。流行りです。



キャラクターグッズ
の中には、コロナ後に開発されたであろうマスクもありました。

ガジロウが人気になったら、福崎町にはガジロウヘアの人が増える可能性すらあります。その日に備えて、残りの髪の毛を伸ばしておくべきでしょうか。

てっぺんハゲのロングヘアが流行の最先端になる日を信じて、ハゲルヤ編集部はガジロウを応援したいと思います。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします