おはようございます。ハゲルヤ読者の皆様におかれましては、日々育毛に勤しんでいらっしゃることとお慶び申し上げます。

さて、アナタが今朝頭皮に塗ったソレは、育毛剤でしょうか、それとも発毛剤でしょうか?
2549139_m
アンファーが20代から60代の男性500人にアンケートを取ったところ、「育毛剤」と「発毛剤」のそれぞれの効果・効能を正しく理解している人は、わずか6%という結果になりました。

これは由々しき事態です。

今日は育毛剤と発毛剤の違いだけでも覚えて帰っていただけたら幸いです。

育毛剤と発毛剤の違い

88437875b6e465d414f940ef6db6b5f1
医薬部外品の「育毛剤」には、頭皮の血行を促したり、頭皮に栄養を与えたりすることで健康的な毛髪を育てる効果が期待できます。それによりハリコシがあり、抜けにくい健康的な毛髪へと導くのです。

また、頭皮を健やかに保つ効果も期待でき、ふけやかゆみといった頭皮トラブルの予防にも役立つため、薄毛や抜け毛にお悩みの方だけでなく、幅広い方にお使いいただけます。

トニックシャンプーや化粧品<医薬部外品(薬用)<医薬品

という順番で効果が高くなっていきます。

一方でミノキシジルなどを配合している医薬品の「発毛剤」には、壮年性脱毛症の方の新しい毛髪の発毛と成長を促す効果が期待できます。

成長期の毛乳頭細胞に直接働きかけることで毛母細胞を活性化させ、ヘアサイクルの乱れを正常に戻し、新たな毛髪を発毛させたのちに強くたくましい毛髪へと成長させます。すでにある毛髪を強く成長させるだけではなく、新しく生やし、さらに毛髪を育て定着させるのが発毛剤の効果です。

家計に例えれば、

抜け毛を予防=無駄遣いを減らす
薄毛の治療=収入を増やす


といった感じでしょうか。

ジェネリック医薬品で賢く発毛

317204_zoom (1)
ミノキシジルを配合した医薬品の代表が、皆さんおなじみの「リアップ」(7752円)。 5%の濃度でミノキシジルを配合しており、発毛をサポートしてくれます。

そんなリアップも特許が切れ、各社からお財布に優しい「ジェネリックリアップ」が続々登場。中でもお値段がやすいのが、コーワの「リザレック コーワ」(4580円)です。
2a8a2770-s
ハゲルヤ編集部の私も使っていますが、リアップより3000円以上安い!

キューピーコーワゴールドの「コーワ」ですし、一流メーカーの安心感がたまりません。



これにプロペシアジェネリックの「フィンペシア」を1日2回飲めば、ほぼ薄毛対策は完了です。
56620939-s
このペースで頑張れば、ひと足お先に「生えるヤ」してしまうと言っても過言ではないでしょう。

育毛シャンプーのような医薬部外品を日常から使いつつ、医薬品を容量用法を守って正しく使っていきましょう。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします