「豆乳が薄毛予防にいい」そんな噂を聞いたことはありませんか?

030cfb289046daa4c425fc14570bfab8_m

そもそも大豆は良質のタンパク質や亜鉛を多く含んでいて、髪に必要な栄養素満点の食品なので、「まあ、髪に良いんだろうな」くらいに思っていました。

国立がんセンターがイソフラボンを研究

調べていくと、国立がんセンターの研究レポートに「血中イソフラボン濃度と前立腺がん罹患との関連について」という気になりすぎる資料を発見。

大豆に含まれる「イソフラボン」が、男性の薄毛最大の原因である男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」の生成を抑制するというのです。
イソフラボンは、テストステロンからより活性の強いジヒドロテストステロンに変換する5αリダクターゼという酵素を阻害する作用を持っていますが、5αリダクターゼが低下すると、前立腺特異抗原(Prostate Specific Antigen, PSA)が低下することが報告されています。-血中イソフラボン濃度と前立腺がん罹患との関連について

髪が抜けるメカニズム

fc88aa64a73205b70a41b1f3a753ac4d_s
我々の毛髪がどのようにして抜けてしまうのか、一度おさらいしてみましょう。男性の体内には、男らしさを司るホルモン「テストステロン」が分泌されています。テストステロン自体はとても大切なホルモンで、生殖機能や抗肥満作用、記憶力の向上などに必要です。

問題なのはこの「テストステロン」が5αリダクターゼという酵素の働きによって「ジヒドロテストステロン(DHT)」というホルモンに変わってしまうこと。このジヒドロテストステロンは、毛乳頭細胞の受容体に結合し、髪の成長を阻害。抜け毛の原因となります。

プロペシアと同じ作用

薄毛治療に用いられる医薬品の「プロペシア」がどんな働きをするかというと、この「5αリダクターゼ」という酵素の動きを抑制し、ジヒドロテストステロンが生成されないようにしているのです。

さて、大豆の話に戻ります。大豆に多く含まれるイソフラボンは「5αリダクターゼ」を阻害する作用を持っていると、国立がんセンターのレポートには書かれていました。つまり、プロペシアと同じ作用を持っているということです。

素晴らしい!

豆乳

プロペシアはジェネリックのフィンペシアで値段を抑えて、浮いたお金で豆乳を買ったら最強なんじゃないでしようか?


これからコンビニでランチを買うときは、必ず飲み物は豆乳にしよう!

 

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします