ハゲのエキスパートといえば、やっぱりお坊さん。そんなお坊さんにハゲの悩みを相談したらどんな答えが返ってくるのか、気になりませんか?

ハゲルヤではお坊さんが悩みに答えるQ&Aサイト「ハスノハ」で、薄毛に悩む男性がハゲについて相談しているページを発見。その回答が非常に含蓄のあるものだったので、ご紹介します。


男性は現在20代。地方の旧家で跡取りとして生まれ、容姿にも恵まれて不自由のない生活を送っていたそう。ところが最近になり、突如ハゲが進行。その変化を受け入れられないと相談しています。 元来自分の容姿にしか自信がなかったというこの男性、自分の家柄や容姿を脇に置いて、中身を見てくれる人と今後出会えるのだろうかとも述べています。

この相談に対するお坊さんの回答がこちら。

諸行無常ということですね。

こんばんは。私もお寺に長男で生まれたので、ほぼ洗脳レベルで育てられてきました。若い頃って、本当に中身ないです、今から見れば。けれど、今になって分かるのは、「若いウチはそれでいい。で、そこに気づいてからが人生スタートよ」という事です。

〜中略〜

はい、タイトルの「諸行無常」。全てのものは常、つまり恒常的ではないのです。年齢しかり、容姿しかり、価値観しかり、財産しかり、人間関係しかり。変化しないのは情報くらい。情報自体は一度発信されたら変化しませんが、その価値はどんどん変化していきます。あなたの書き込みはどっかのサーバーに保存されて変化しませんが、レスだのシェアされて、その価値は変化していきます。

「人は見た目が9割」と言われます。何割かは分からないけれど、やっぱり大事。でも何が大事なのかと言えば、「年齢なりに相応しいか?」という事だろうと思うのです。「いつまでも若く見られたい」はダメよということです。

そして、あなたは「人間見た目ではない」という事に出会った。言葉は知っていたのでしょうけれど、自分のこととして思い当たった。そこが尊いと思いますよ。「変わることが怖い」と書かれていて、その通りなのでしょうけれど、これは抗えないことなのです。あなた自身が、どっかのサーバーに保存されているデータではないのですから。ここ受け入れる事で、次のステージが待っています。大人としての。

徳高すぎだろ・・・

どうですかこの説得力。ハゲについて誰かに相談すると、「人間見た目ではない」と様々な人から助言を受けますが、やはりそう簡単に受け入れられる物ではありません。しかしこのお坊さんは、万物は諸行無常なのだから、年相応に変化していけばよいのだとエールを送っています。

この回答に対し、男性は以下のようなお礼を述べています。
お言葉を真摯に受け止め、少しずつでも前向きになっていければと思います。時間がかかるかもしれません。おそらく、色々なことが重なって非常に後ろ向きになってる部分もあるかと思います。そういったものを、いただいたお言葉を大事にしながら、一つ一つ、落ち着かせていきたいなと思っています・・・。

相談者の男性がカッコいいハゲになれるよう、我々も影ながら応援しています。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします