ついに発足した菅内閣。

Embed from Getty Images
新型コロナ対策など問題は山積みですが、菅義偉新総理大臣は我々薄毛族の期待の星ということをご存知でしょうか。

菅総理は「ハゲ議連」の名誉総裁

ハゲルヤでは3年ほど前にお伝えしたのですが、菅総理は自民党の毛髪の乏しい議員で結成された「日本を明るくする会(通称ハゲ議連)」の名誉会長。



ハゲ議連は明るい頭皮が明るい日本を作るとでも言わんばかりに、自民党の薄毛議員である根本幸典、宮沢博行、福山守、木内均、八木哲也の5人が設立。

当初は、この会への参加をためらっていたという名誉総裁の菅さんも、今では自分の口から「ハゲの会に行ってきた」と、高らかに叫ぶほど、ハゲの会の活動にハゲんでいました。

Embed from Getty Images

そんな菅さんがついに総理大臣に。年相応のハゲ具合だと思いますが、安倍さんよりは遥かに我々寄りの髪型をしていらっしゃいます。これはもう、日本中のハゲ議員が与野党問わず一つになるときではないでしょうか!

ハゲ議連の活躍でハゲに既得権益を

菅内閣が力を持ち始めれば、ハゲ議連も虎視眈々と勢力を拡大していくでしょう。

例えば…

・自民党とベッタリの「全国理容政治連盟中央会」に働きかけて、薄毛の理髪代金を割り引く
・地元神奈川の公共施設や横浜スタジアムなどに「ハゲ割」を導入する
・ハゲ頭にかぶせる「スガノマスク」を配布する

などなど、我々ハゲが上級国民として優遇される未来しか見えてきません。

安倍総理の失態を隠し続けてきたが…

Embed from Getty Images
ちなみに、「日本を明るくする会」の幹事長である宮沢博行議員によると、「『ありのままの髪を大切にする』ことを議連のルールとしていますのでカツラの方に入会資格はございません」。

としています。

モリカケ問題や桜を見る会など、安倍首相の失態をありのままにしておけず、必死の答弁でウソを被せてきた菅さん。

これからはカツラを許さないその姿勢で、日本を良い方向に導いて欲しいものですね。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします