ハゲによるハゲしい戦いといえば、青森県ツル多(鶴田)町のツル多はげます会が主催する吸盤綱引き大会が有名です。ハゲルヤでも何度となく「ツル多はげます会」の活動を取り上げてきました。



この度、ところ変わってお隣の秋田県でも、ハゲによる「吸盤相撲」が開催されていたのです。

秋田県横手市の"光頭会"番付編成会議

こちらは光り輝く頭で地域を明るくしようと活動している、秋田県横手市「雄物川町光頭会」。
ハゲ相撲002
メンバー全7名、見事におハゲになられています。活動テーマは青森の「ツル多はげます会」と通ずるものがありますね。

そして、去る1月28日に行われたのが「番付編成会議」たるもの。
ハゲ相撲1
頭部の色つやと風格を競うという「光頭相撲」と、
ハゲ相撲4
そしてハゲルヤではおなじみ! 頭に吸盤を着けて引き合う「吸盤綱引き」の2種目で勝負が行われました。

光頭相撲 審査の基準は?

ハゲ相撲001
お互いのハゲ頭の色つやと風格で競う「光頭相撲」。負けられない戦いが始まりました。
ハゲ相撲2
光頭相撲の勝者を決める行司を務めたのは「光頭会」の最年長、富田弘二さん(92)。92歳にもなると、ハゲの良し悪しが判断できるようになるんですね。
ハゲ相撲3
判定には虫メガネやライトを使い、厳正なる審査が行われました。

吸盤綱引き 優勝者は?

続いて行われたのは吸盤綱引き。
ハゲ相撲5
ルールは簡単! 先に吸盤がはがれた方が負けです。
ハゲ相撲6
微動だにしていないかのように見えますが、少しずつ引っ張り合う熱戦が繰り広げられました。まさに
ハゲの頂上決戦です。
ハゲ相撲7
全6名の頂点に立ったのは、高山誠一さん(77)。なんと入会から5連覇中だった高山さんが今年も優勝し、6連覇を達成しました。

吸盤綱引き 勝利の秘訣は?

ハゲ相撲8
高山さんによると「シャンプーで頭皮を念入りに洗うこと」が勝利の秘訣だそうで、普段から涙ぐましい努力をされているんでしょうね。
ハゲ相撲9
そんな高山さんに「連覇の原動力は何?」と訪ねてみました。
ハゲ相撲10ハゲ相撲11

「コロナ禍でこういう時、皆さんが喜んでくれるのが、私の一番の“ハゲみ”で頑張っております!」

なんて、ハゲイイ話なんでしょうか。
ハゲ相撲12
最後は炭坑節のメロディーで、「つるつる節」の大合唱です。
ハゲ相撲13
「やっぱり毛がなくてよかったねサノヨイヨイ」

毛がなくてよかった。そんな境地に我々もいつかたどり着けるのでしょうか。

光頭会は他にも!

さぬき高松
「光頭会」と名乗る団体は他にもあり、香川県高松市にある「さぬき高松光頭会」は「頭も靴もピッカピカ」をテーマに、靴磨きの無料サービスやカーブミラーの清掃を行っています。


このハゲルヤはネット版の「光頭会」みたいなものでしょうか。

今後もハゲルヤ編集部では、全国各地のハゲ団体を応援していきたいと思います。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします