コロナ禍で生活様式が変化する中、薄毛事情にも変化が生まれています。

日本最大級のメンズ美容サイトMOTEOを運営するカッコイイ株式会社は、AGAメディカルケアクリニックと合同でアンケート調査を行いました。

6割の男性「薄毛が気になるようになった」

3842685_m
20〜50代の男性202名を対象にしたもので、「自身の薄毛への意識に変化はありましたか?」という質問には次のような回答が寄せられています。

「薄毛が気になるようになった」61.5%
「薄毛が気にならなくなった」11.5%
「変化なし」26.9%

と、実に6割もの男性が、コロナ前より薄毛が気になるようになったと回答。一体何があったのでしょうか。

main
アンケートに寄せられた回答をご紹介しましょう。

「ステイホームで家に長く居ると鏡を見る事が増え、頭の薄さを絶望的に感じています」
散髪に行く回数が減ったのでいつもより髪が長く、気になるようになった」
食生活の乱れで抜け毛が増えた」
「マスクをしているせいか、人の視線が髪に向いている気がする

自宅にいることで、鏡に映る頭皮が気になってしまうようです。

コロナ禍で薄毛が気になり始めた理由は「自宅の鏡」

4381127_s
コロナ禍により「薄毛が気になるようになった」と考える男性が増えた理由について、AGAメディカルケアクリニックは「自粛期間で家にいる機会が増えたことで自宅の鏡を頻繁にみるようになった」と答えています。

テレワークでオンライン会議が増えたことも原因の一つでしょう。コロナ前には、毎日WEBカメラで映し出される自分の顔をみることなんてなかったですからね。

あれ、薄くなったかな、と思う男性が増えるのもうなづけます。

コロナでストレス増加 食生活の乱れも

employee-6038877_1280
コロナ禍と薄毛に関連するアンケート結果も出ています。

「ストレスの感じ方に変化がありましたか?」という設問です。
sub3

「ストレスが増えた」66.9%
「ストレスが減った」7.9%
「変わらない」25.2%

嫌な上司と会社で顔を合わせたり、飲み会も無くなったというのに66%がストレスが増えたと回答。世の中ステイホームは進んでいないのかもしれません。

4482519_m
続いて、「食生活は変わりましたか?」というアンケート。

sub1

「食生活が乱れた」20.3%
「食生活が改善された」12.3%
「以前と変わらない」67.4%

こちらは6割は以前通りの食生活ですが、2割の方が「食生活が乱れた」と回答しています。緊急事態宣言中は20時に飲食店が閉まっていたので、夜遅いとコンビニしか食べるところがない、なんてこともよくありました。

Uberや出前館が生活に浸透して、出前の回数が増えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

おまけ

面白い質問もありましたのでご紹介しましょう。

d48304-17-363156-8
増えた 16.8%
減った 11.4%
変わらない 71.8%

ステイホームだからといって、一日中FANZAを見ているわけでは無いんですね。え、私ですか、いやそのゲフンゲフン。

ストレスや運動不足は抜け毛の原因となります。ワクチンを打ってもコロナ以前の世の中には戻りません。時代に適応して、髪に優しい生活様式を取り入れたいですね。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします