「脂っこい食事でハゲる」

ハゲルヤでも何度もお伝えしてきた情報ですが、これが迷信や経験則ではなく、科学的に正しかったことが証明されました。
sub1

東京医科歯科大学らの研究チームが脱毛促進の仕組みを突き止める

143078_m
東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授(東京大学医科学研究所・老化再生生物学分野 教授兼任)と森永浩伸プロジェクト助教らのチームは、ミシガン大学や東京理科大学などとの共同研究により、肥満を引き起こす要因が毛包幹細胞に働きかけ脱毛を促進する仕組みを突き止めたのです。

加齢マウスは1ヶ月の高脂肪食で毛が再生しにくくなる

研究チームは、生活習慣が毛の周期的再生に及ぼす影響や老化との関連を調べるために、老若両方のマウスに高脂肪食を与え、その違いを検証。

加齢マウスにおいては、1ヶ月間だけ高脂肪食を摂取するだけでも毛が再生しにくくなり、若齢マウスにおいては、数ヶ月以上の高脂肪食に加え毛周期(ヘアサイクル)を繰り返すことによって毛が薄くなることが明らかになりました。

若いうちは脂っこいものを食べていてもなんとかなりますが、年を取ってからは手遅れになる…。

なんて恐ろしい実験結果なのでしょうか。

sub2

さらに、3ヶ月以上にわたり高脂肪食を摂取したマウスにおいては、毛包幹細胞内に脂肪滴が蓄積し、成長期に毛包幹細胞が分裂する際に表皮または脂腺へと分化することで幹細胞の枯渇が進むことが明らかになりました(上図)。

その結果、毛包の萎縮を引き起こして、毛の再生を担う細胞が供給されなくなるために、脱毛症が進行し、毛が細くなったり毛が生えなくなるなどの脱毛症の諸症状が現れることが明らかになったといいます。
sub3
研究チームの西村教授は「人でも同様の仕組みがあると考えられる。中高年になると、影響はさらに大きくなる可能性があるので、脱毛を防ぐためには日々の食事など生活習慣を見直すことが重要だ」とNHKの取材に答えています。

「もうラーメン二郎食べられない」と阿鼻叫喚

4652436_m
NHKが報じるほどの大ネタに、ネットは大騒ぎ。そうですよね、絶望しかないですよね…

本気で食事を見直そう

7a9c7903-s
科学的に我々中年が脂っこい食事をするとハゲるということが証明されてしまったわけで、以前お伝えした、「ハゲは味濃いめ、油多めのラーメンを頼んでいる」という調査も正しかったわけです。



髪の毛は体の一部ですから、結局、健康な体に健康な髪が宿る、ということなのでしょうか。

齢を重ねたら薄味で生きていきましょう。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします