IMG_2102
『モヤモヤさまぁ~ず』(テレビ東京系列)で放送された、神奈川県葉山町の「山口理容店」が我々薄毛族にとっては興味津々の内容&突っ込みどころ満載だったので、ご紹介したいと思います。

大正9年創業 葉山町「山口理容店」

大正9年創業の「山口理容店」は、葉山御用邸の近くにあります。
IMG_2058
雰囲気のある、オシャレな看板。
IMG_2059
「冷やし中華始めました」みたいな雰囲気の張り紙には「ワカメパーマ始めました」さらに!
IMG_2060
「ザビエルカット致します」「チコちゃんカット致します」言葉遣いはていねいですが、「ザビエルカット」って。
IMG_2061
「テッペン剃るやつでしょ」と、さまぁ~ずも思わず突っ込み。
IMG_2063
はたして、「ザビエルカット」を注文する猛者はいるのでしょうか。

スキンヘッド親子 息子は4代目

IMG_2065
「山口理容店」の店主、山口昌男さん(74)と息子の山口太郎さん(28)の年の差は46歳。
IMG_2067
4代目はおやっさんが46歳の頃の子どもということで、ハゲの精力の強さがまた証明されましたね。
IMG_2077
まだ28歳の息子さんも見事なスキンヘッドっぷり。ハゲやすい体質が受け継がれたのでしょうか。


髪に良さそうな「ワカメパーマ」とは

100年以上続く老舗ということで、古き良き伝統を活かしながら、最先端の技術も取り入れているそうです。
IMG_2073
気になる「ワカメパーマ」とは、髪の毛をワカメのようにするわけではなく、パーマ液の中に海藻が入っているのだとか。
IMG_2075
昆布、ひじき、ワカメが入っているという、なんとも髪に良さそうなパーマですが、おやっさんは30歳くらいの頃からスキンヘッドだそうです。説得力がなさすぎて泣けてきます。
IMG_2083
ちなみにこちらは、おやっさんが若い頃、原宿の人気美容室で修行していた頃の写真ですが、すでに完成されたスキンヘッドです。ハゲに歴史あり。

気になる「ザビエルカット」とは?

「ワカメパーマ」以上に気になる「ザビエルカット」とは、おやっさんいわく「バナナマンの日村みたいな、あれが短くなったバージョン」とのこと。
IMG_2091
気になるのは、てっぺんですよね。剃るのか?剃らないのか?「本当は剃っちゃうんだけどね、大体みんな引くから」
IMG_2093
「みんな怖気付く」そりゃあ、そうでしょう。我々だって、望んでてっぺんハゲ散らかしているわけではないのです。
IMG_2099
ここで登場したのは、大竹さんの運転手をやりながらコンビでお笑いをやっている木部さん。
IMG_2100
テレビに出られるならばと「ザビエルカット」に立候補。さすがの芸人魂に頭が下がります。

カット中は息子がキーボード生演奏

ここでスタッフが気になったのが店内に置かれたキーボード。床屋さんですよね?
IMG_2086
「これは自分が弾けます」とスキンヘッド息子。どういうことなのでしょうか。
IMG_2103
こういうことでした。カットを手伝うことなく、まさかのBGM生演奏。なんですか、この画は。

「ザビエルカット」完成ギャグ披露

というわけで、エンディングでカットを終えた木部さんが再登場!
IMG_2108
「ザビエルカット」のお披露目は、まさかのCMまたぎ! だったんですが……。
IMG_2109
あれ? わりと普通? こんな髪型をした北の指導者いましたよね。ちなみに、てっぺんは? 
IMG_2111
残念! 剃っていないんかい。おやっさんが「剃るのは流石にやばいかな」と躊躇したそうです。芸人殺し。
IMG_2113
大竹「香港映画出てるみたい」
三村「いいじゃん!」
田中瞳アナ「似合ってますよね」
IMG_2114
てっぺんは剃っていませんでした、芸人としておいしく変身した木部さんに、三村さんがザビエルギャグをリクエスト!
IMG_2115
「ザビS(エス)……ザビM(エム)……ザビL(エル)……」
IMG_2116
「ザビLL(エルエル)」と、この決めポーズ。
IMG_2117
お笑いって難しいですよね。

「わかった」「髪型はよかったよ」と髪型のみを褒められて番組は終了しました。

とはいえ、我々薄毛族の気持ちをきっと理解してくれる「山口理容店」。てっぺんハゲのアナタなら、完璧なザビエルカットが再現できますよ!

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします