ハゲ歴20年のベテランハゲ、ピン芸人のルシファー吉岡さんが「これからハゲゆく若者に伝えたいこと」を熱弁した番組が話題となっています。
ダウンロード (1)
ハゲの辛さを理解しているからこその言葉は、すでに、ハゲている我々の胸にも深く響きました。

薄毛に悩む全ての人々へ届けたい、そのメッセージとは?

スピーチバラエティ『2分59秒』

秋元康さん監修、テレビ朝日とABEMAで放送中の『2分59秒』とは、出演者が2分59秒で持論を展開するという番組。
ダウンロード
11月3日放送回には、R-1ぐらんぷり2016では決勝にも進出したピン芸人、ルシファー吉岡さんが出演しました。
IMG_3004
「これからハゲゆく若者に伝えたいこと やまないハゲはない」と題して始まったスピーチ、第一声の

「わたしは22歳でハゲ始めました」

で、つかみはOK! グッと引き込まれました。

22歳でハゲ始め、ハゲ20周年

現在42歳のルシファー吉岡さんは、ハゲ歴20年。
IMG_3006
「ハゲゆく若者の気持ちが痛いほどわかります。本当に辛いですよね。シャワーとか浴びていてパッと見たら、誰か排水口にカツラかぶせた?ってくらい」

芸人だからこそ笑いも交えつつ、しかし、まさにハゲリアルなトークは続きます。

ハゲ始めは誰しも受け入れがたい

「ハゲていない人は信じられないかもしれないですけど、マジで思うんですよ。換毛期(かんもうき)かなって」
IMG_3009
換毛期とは動物の毛が冬毛から夏毛に変わって抜けたりする時期のこと。

我々の髪も季節の変わり目で抜けちゃっただけで、春になればまた生えてくるに違いないと信じたくなる気持ち、痛いほどわかります。

それくらい受け入れがたいものですよね。

ハゲの辛さはハゲにしかわからず

「ハゲた自覚が生まれると、いろんなことがイヤになります。頭頂部を見られるのがイヤになるので、お辞儀するのもイヤになりますし。集合写真とかでも1列目は上から見られちゃうなとか」
IMG_3010
そうなんですよね。自意識過剰かと思いきや、けっこう見られているんですよ。頭皮に目が付いているのかってくらい、見られていることに気付くんですよね。

「ただハゲゆくみなさん、この辛さがずーっと続くと思っていませんか? これ大きな間違いです」
IMG_3013
ここから「やまないハゲはない」「ハゲの辛さは永遠ではない」という、心の底からの励ましのトークが始まります。

ルシファー吉岡さんが、徳の高いお坊さんのように見えてきました。

ハゲ終わると楽になる3つの理由

「ハゲゆく時は本当に辛いんです。ただハゲ終わると不思議なくらい楽になるんです
IMG_3014
その理由は3つあると、ルシファー吉岡さんは語ります。

まず1つ目は「抜け毛を見なくなる」

もう抜ける毛がなくなり、抜け毛に出会わなくなると。たしかに抜け毛を見るのは辛いですもんね。

2つ目「シンプルに腹が決まる」

そこの域に達するまでが辛いけれど、抜けきった後には悟りのようなものが開けるのかもしれません。

3つ目「めちゃくちゃウケます」
IMG_3015
これは、芸人魂がなせる業かもしれません。
「小さい子からおじいちゃん、おばあちゃんまでみんなハゲ大好き! 自分からいじっていいよーという姿勢を見せることが大事、それさえすればみんな喜んでくれる!」

IMG_3016
はい、ここでめちゃくちゃ大切な一言が出ました。

「自分からいじっていいよーという姿勢を見せることが大事」

何かとコンプライアンスが叫ばれる世の中で、人の見た目を揶揄してはいけない、という時代になってしまいました。

そこで我々は「このハゲをイジってくれ、ハゲで周りを明るくしたいんだ」ということをアピールすることが大切になってくるんですね。

ハゲが嫌いな人はいません。みんなハゲで笑いたいんです。

ああ…悟りが開けた気がします。

克服すれば輝かしい人生が

「いろいろネガティブになることもあると思いますけど、しっかりと克服して楽しい人生を歩んでください。そうすれば、あなたの人生は輝かしいものになります
IMG_3019
ハゲからハゲへ贈る2分59秒のスピーチで、スタジオは大盛り上がり。
IMG_3021
日向坂46のキャプテン佐々木久美さんも、この表情。これは、ハゲに恋しちゃったかもしれませんね。

Twitter上でも「これはとても良いスピーチ」「勉強になる」「面白かった」と、ルシファー吉岡さんのハゲみになるような感想が聞かれました。
1495067_s
ちなみに、筆者はまだ辛さを抜けて楽になるところまではいっていません。ハゲ同士のみなさん、ハゲまし合って強く生きていきましょう。輝かしい人生を送るために。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします