自民党のスキンヘッド議員、堀井学氏。それはそれは見事なハゲっぷりです。
top_slider001
1994年のリレハンメルオリンピックで、ピカピカに輝く銅メダルを獲得した元スピードスケート選手でもある堀井氏ですが、この度、ある決断をしたというのです。

「すべてを変えて」カツラデビュー

北海道・苫小牧市内で開かれた岩倉博文市長の連合後援会の集会に出席した堀井学氏の姿に、会場は騒然となったといいます。それはなんと…

突然のヅラ装着

トレードマークのスキンヘッドをカツラで隠し、突然フサフサで現れたのです。

昨年10月の衆議院選挙、小選挙区で敗北し比例復活となった堀井氏。

「昨年の衆院選小選挙区で惨敗し、(苫小牧市の)岩倉市長からすべてを変えて次の挑戦をするべきだとアドバイスをいただいた」
そうで、まさかの頭皮を変えるというチャレンジに出ました。


(左が苫小牧市長の岩倉氏)

見た目から入ることはたしかに大切ですが、衆議院議員のヅラ、いじりづらいですよね。

会場にいた、岩倉市長も「まさかこんなふうに変わるとは」とびっくり仰天。やはり、そういうつもりでアドバイスしたわけではないようです。

堀井氏は「その言葉を胸に(カツラとスキンヘッドの)二頭流で頑張っていく」と意気込んでいます。

カツラは愛する妻からのプレゼント

ちなみに、こちらのカツラは、銀婚式の記念に奥様から贈られたプレゼントなんだとか。女性はやはり、フサフサの旦那さまの方がいいのでしょうか。


インスタグラムには、「今年は50歳、議員生活15年という節目。生まれ変わった気持ちで、すべてを変える! そんな決意で、26年慣れ親しんだスキンヘッドと決別しました」

「今後の人生は大きくライフシフト。ダイバーシティな二刀流でいきます!」というメッセージとともに、カツラを装着する堀井学氏の動画が投稿されていました。ヅラはダイバーシティ(多様性)なんですねw

「カツラとはヘアウェア」

さらに「私にとって、カツラとはヘアウェア。その日のファッションやTPOでネクタイを変えるようなもので、禁忌でも不謹慎でもなく自然に着脱自由な存在です」というメッセージも。

今日はかぶっているかな? それとも、かぶっていないかな? クイズ感覚で楽しめるかもしれません。

YouTube二頭流チャンネル開設


さっそくカツラで風速25メートルに挑戦。襟裳岬にはこんな施設があるんですね。襟裳のハゲが風でもズレない春です。


「あなたには無限の力がある」
ガッツポーズを決めていますが、カツラデビューとともに開設したYoutubeチャンネル『二頭流チャンネル』のチャンネル登録者数は、2022年4月20日現在、たったの11名です。



堀井氏にはハゲには無限の力があることをぜひ証明していただき、ハゲの地位向上、ハゲの人権回復に寄与していただけると大変ありがたいと思います。

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします