「百害あって一利なし」という言葉があるほど、タバコが健康に与える悪影響は以前から指摘されていましたが、頭髪への悪影響についても長年議論が行われていました。

ついに、その答えが出たというのです。
health-5313917_1280
タバコとハゲ。

答えの出てこなかった問題について、カナダの研究グループが複数の医学文献のデータを解析。AGAの発症・重症度と喫煙レベルの関係を明らかにしました。

AGAの重症度を説明すると…

軽症:生え際が後退しているが他人にはわからない状態~生え際がはっきりM字形になり、髪の量が減った、あるいは頭頂部が薄くなっている状態

重症:生え際が後退し、頭頂部がO形に薄くなっている~生え際が頭頂部とつながっている、もしくは側頭部にのみ髪が残っている状態

となります。

喫煙者がAGAを発症する確率が明らかに

24978387_s
カナダの研究グループがAGAの重症度と喫煙状況の関連を分析した結果、喫煙歴のない男性と比較した時、喫煙者がAGAを発症する確率は1.82倍でした。AGAについて喫煙者のほうが約2倍のリスクがあるんですね。

さらに、AGAが「軽症」から「重症」へ移行するスピードは、喫煙者は非喫煙者より1.3倍早いことも明らかになりました。

本数に関しては、1日10本以上喫煙する人は、10本未満の人と比較してAGAの発症率はほぼ倍増。ただし、1日20本以上のヘビースモーカーになると、AGAの進行スピードとの関連は認められませんでした。

本数についてはまだ分からない部分もありますが、タバコがハゲの敵であることが立証されましたね。
cigarette-1642232_1280
喫煙をしているハゲルヤ読者の皆様には残念な話ですが、禁煙すればAGAの進行は止まるのか?という点は解析されていないそうです。

禁煙をすることで健康を取り戻すまでの期間は一般的に10〜15年必要と言われますが、ハゲにも同様の期間が必要なのか。一日でも早く解明して欲しいですね。

喫煙者のみなさんは健康リスクもハゲリスクも考えてタバコの本数を減らすところから始めてみるのはいかがでしょうか?

この記事にハゲまされたら
いいね!しよう

ハゲルヤの最新情報をお届けします